【漫画】追い詰められて常備菜。

……私にもこんな時代がありました。

 

 

結婚して生活が変わったし、ちょっと新しいことを頑張ってみようかなという気持ちと、
イラストの仕事も開店休業状態で恐ろしくヒマだったことに背中を押されて猛勉強してましたね。常備菜のこと。

ところがその常備菜が次第に私たちの生活を圧迫することとなりました。
夜中にボロボロで帰ってきて昼まで寝てまた仕事へ行く夫と、息子の隙をついて片手で食べられるものしか食べられないわたし。
作った常備菜が全く減らず、ひたひたと迫りくる消費期限。
そして、食べることが大好きだったはずのわたしたち夫婦に大きくのしかかってきたのが
「その日に食べたいものを食べられないストレス」でした。

常備菜って使いこなすのも才能だと思うんですよ。
ライススタイルプロデュース力というか。お弁当を作ったり、規則正しく食事をとる習慣が身についていたり。
センスのない私には向いていなかったのかもしれません。

今では目の前のスーパーに新鮮な食材が山ほど常備されているため
とても快適です(いいのかこれで)

“【漫画】追い詰められて常備菜。” への 4 件のフィードバック

  1. わかりすぎます!
    わたしも気合を入れて作ったはいいけど気づけば大量の常備菜に追われて生活してましたそして罪悪感に苛まれながら捨てる…泣 わたしは宅配サービスを利用することにして常備菜を作るのやめました

  2. 確かに!正直そんなに長くはもたないですもんね。。。うちもお弁当の隙間用にきんぴらかひじきの煮物が入ってるくらい(笑)でもそれでも多すぎることがあってひじき丼とかになったりして

  3. 分かりすぎます!私も常備菜やめました!でも毎日作るのも大変なので、常備冷凍保存ストック作りにハマってます❤️今日作るメニューが生姜焼きであれば、2倍材料を用意して、、、作るついでに、2倍分切ったり味付けしたり…そして、ジップロックに味付け肉と玉ねぎを一緒に入れて、冷凍庫へ!カレーや、金平ごぼうとか、出来そうなものはなんでも、毎日ついで作りでやってます!んで、時間がない日や、手抜きしたい日や、食べたい日に解凍して使ってます✩︎⡱うちも旦那が帰ってくるか来ないか分からない生活なので。これが一番いいwww玉ねぎを多めにに切っておけば明日の味噌汁作るときは時短に…野菜を少し多めに切るだけでめっちゃ時短で、なんで今までやってなかったのかと思ってます笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です