語る幼児(最近のまめ)

サイトをリニューアルしたはいいものの、自分がログインできなくなるという体たらくで

さらにネットの不通やスキャナの不具合にも見舞われてしまいました……修復していたらこんな時間。なかなか寝てくれないまめすらあっさりと寝落ちしました。

 

沖縄でじいじとばあばに散々甘やかされていたまめは、東京に戻った途端に始まった私との二人きりの時間にたいそう不満げ。

 

引き続き甘やかされたいまめとそうもいかない私とでにらみ合う日々ですが、いざ寝ようというときにはニコニコとすり寄ってきて腕枕(時にはパイ枕)を求めてくるので私もデレデレと応えています。至福。

 

 

もともと割とおしゃべりなまめですが、ここのところたくさんの人たちとお話する機会があったためかおしゃべり具合が加速し、

最近は「語る」というモードが加わりました。

 

好きなものについてのおしゃべりを聞かせてくれるこのモードは鑑賞に最適です。

これをおかずに延々ご飯が食べられます。

 

 

“語る幼児(最近のまめ)” への1件のフィードバック

  1. こんにちは!息子語録楽しいですよね。ウチの場合、初めては まんまー。でした。食べ物飲み物口にするものは全般。夫婦で次は何かな?と楽しみにしていたら、ある日、晩酌する主人の膝上で、ビシッと指差し、まめ!と。枝豆にスポットライト!後、親子でクイズ合戦のように正解にたどり着くまで時間かかった言葉。
    「びっかっこ。」腕を伸ばして天井を指差し宣言。
    天井の電気が光るから?→✖︎
    ビスケット?→✖︎、お煎餅?→✖︎
    レンジの上に置いていたお菓子ケースを指差しているとはわかったのに。じゃ、これ?
    ハイハイン→⭕️大正解!!
    ハイハイン、ご存知ですか?赤ちゃん用の米煎餅みたいなのです。その時の息子の笑顔、喜びよう、母ちゃん、やっとわかってくれたか!今でも忘れません。
    長々失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です